士業リンクカフェ

士業リンクカフェは、士業と呼ばれる業種の相互リンク集サイト

弁護士、行政書士、司法書士、税理士、会計士、社会保険労務士、中小企業診断士のサイト・ブログをグーグルページランク順にてご紹介致します。
相互リンクは随時募集しております。もちろん相互リンク登録は無料です。アクセスアップやSEO対策にご活用頂ければ幸いです。
上部メニューの【相互リンク新規登録】にてご登録ください。

弁護士、司法書士、行政書士について

「弁護士」と「司法・行政書士」との違いはなんとなくイメージ出来ると思いますが、
一般知識として「どのように違うの?」と言われるとなかなか分かりにくいのものです。
以下「弁護士」と「司法・行政書士」を簡単に整理したいと思います。

司法書士

司法書士イメージ図 広辞苑では「登記・供託に関する手続などについて代理し、また裁判所・検察庁・法務局・地方法務局に提出する書類の作成を業とする者」 と書いてあります。
要するに「司法(裁判所)関係の書類を作成する専門家」となります。
主な業務については以下になります。

不動産登記

土地や家、マンションなどの登記手続の書類作成、申請の代理

商業登記

会社の設立や役員変更、商号変更、目的変更、本店移転、増資や減資、解散などの登記

裁判所に提出する書類

訴状、答弁書、支払督促、各種調停、審判の申立書、相続放棄申述書、遺言書検認申立書、等の作成
ただし法務大臣の認定を受けた司法書士(認定司法書士)については、簡易裁判所における訴額140万円以下の訴訟、民事調停、仲裁事件、裁判外和解等の代理及びこれらに関する相談ができます。

行政書士

広辞苑では「官公署に提出する書類その他権利義務・事実証明に関する書類を作成することを業とする者。」と書いてあります。
要するに「行政(お役所 都道府県庁、市区町村役場、等)関係の書類を作成する専門家」となります。
主な業務については以下になります。

役所に対する各種許認可手続き

建設業許可、古物商許可、飲食業許可、宅建業免許登録、酒類販売業許可、喫茶店営業許可、産業葉器物許可、 労働者派遣事業許可、介護事業申請、風俗営業許可申請、探偵業届出など。

自動車の手続き

自動車登録、車庫証明、名義変更、廃車手続き、運送事業許可、介護タクシー許可、自動車運転代行業認定、など。

外国人手続き

在留資格認定証明書交付申請、在留資格変更許可、在留期間更新許可、永住許可申請、再入国許可など。

弁護士

広辞苑では「当事者その他の関係人の依頼または官公署の委嘱によって、訴訟に関する行為、その他一般の法律事務を行う者。」と書いてあります。
要するに司法・行政書士の業務も出来るけれど、一般的には弁護活動のために書類を作ったり代理人となって弁護活動することが出来るということです。
法律の専門家として大きく分けると民事と刑事となります。
主な業務については以下になります。

民事法律相談、訴訟の代理人

民事訴訟では、原告・被告等の訴訟代理人として主張や立証活動等を行う。 破産や民事再生、会社更生法の申請などの法的倒産処理手続やこれに関連する管理業務などの法律事務を行い、関連する法律相談も行う。
過払金返還、保険金請求(被害者側)、示談交渉、個人の破産・再生、離婚や相続、消費者問題(消費者側)や労働問題(労働者側)。

刑事訴訟の弁護人

刑事訴訟では、弁護人として被告人の無罪を主張し、あるいは適切な量刑が得られるように、検察官と争う。
被疑者や被告人の弁護を扱う分野であり公判における法廷活動だけでなく、不起訴に向けた活動、示談交渉や保釈請求、勾留中の被疑者・被告人と外部との連絡役なども含まれる。

弁護士、司法書士、行政書士のまとめ

簡単にまとめると弁護士は法律のスペシャリスト、まさにプロの法律屋さんです。司法・行政書士は法律家要素も含まれる代書屋さんと言えるでしょう。

資格の難易度と報酬金額

圧倒的に資格が難しいのは弁護士、次に司法書士、行政書士という順です。
一般的に報酬金額も弁護士、次に司法書士、行政書士という順ですが、認定司法書士でない限り司法書士と行政書士はそれほど大差がないでしょう。

業務範囲を図で説明

図で表すと分かりやすいと思います。
弁護士と司法書士の丸が重なっておりますが、 重なる業務は簡易裁判所における訴額140万円以下の訴訟ということになります。
司法書士と行政書士の丸が重なっておりますが、 重なる業務は遺言書(公正証書遺言書や自筆証書遺言書)の作成、遺産分割協議書の作成、亡くなった方の戸籍謄本等を収集し、相続人の調査、確定などです。
支払い請求などの内容証明郵便は、弁護士、司法書士、行政書士全て作成できます。
行政書士は決して代理人にはなれないですが、行政書士の名前入りで作成することもできます。
「カバチタレ!」という青年漫画の主人公が、かつて知人に貸したお金がなかなか返ってこない問題に遭遇している頃に、 たまたま出会った行政書士の先生が好意により一筆内容証明郵便を書いてもらい、無事にお金が戻ったことに感銘し行政書士を目指す漫画がありました。
問題のレベル・内容に応じて使い分けることが必要なのではないかと考えさせられる物語でした。